市の保健給食課の担当者と面談をさせてもらいました

4月6日、かねてからお願いしていた保健給食課の担当者さんとの面談をさせてもらいましたので、その内容をご報告します。保健給食課の方々は、現行給食の喫食率上昇という課題に実直に取り組んでいらっしゃること、方式の転換や喫食時間の調整などは、保健給食課の方々のお考えで変えられるものではなく難しい課題であることがよくわかりました。30分という短い時間でしたが、この時期にお話をさせてくださったことに心より感謝申し上げます。

なお、この面談は緊急事態宣言発令前であり、会議室のドアを開けるなど感染対策を行ったうえで開催しました。

普段の喫食時間や、試食会での時間の調整は各学校の校長の判断によるもの

S:とどけ隊メンバー 保:保健給食課ご担当者
S:試食期間中に、時間を延ばす対応をした学校がいくつかありました。時間を延ばすと、現在の町田市の給食が抱える「時間が足りない」という問題に対して、アンケートの回答に影響を及ぼす可能性があるのではないか、と考えてましたが、どれくらいの学校で時間の調整がなされたのでしょうか。
保:今回時間を長くした学校が何校あるのかは厳密に集計を取ってはいません。今回の試食会の一番の目的は、ちゃんと食べていただくことであり、安全に食べてもらうことを優先していただき、学校さんにはトラブルが起きないよう運用をお願いしました。慣れない中でやっていくために、時間を延長しないと厳しいだろうと判断された学校はあるようでした。アンケートの結果への影響については、厳密に学校や時間を把握できてはいませんが、給食時間を長くしてほしいという意見はアンケートに出てきていますので、ちょっと伸ばしたからものすごく結果に影響を与えているとは考えていないという状況です。
今回初めての取り組みで、慣れていない生徒さんが多く試食したので、慣れていれば普段のやり取りで、配膳室に取りに行ったりできた部分があると思います。初めてで、学校として不安な部分があった学校は、延ばした事例があったのではないかなと思います。
やっぱり給食の時間が短いと、けっこうな量があるのを食べきるのが難しいと思うので、中学生は本当に忙しい時間を過ごしているので、お昼の時間を現状長いといえる時間ではありませんので、短いながらも食べられるような工夫は考えていかなければいけないなと思っています。
S:「短い時間を5分でも長くする」という工夫はされないのですか?
保:学校には、給食の時間が足りないという意見があがっている、ということは伝えています。ただ、中学生も授業の終わる時間は決まっているので、学校もなんとか捻出しようという工夫はやってくれていると思うんですが、かなりいっぱいいっぱいで厳しいという話は聞いています。
S:(時程の比較の資料を見せながら)町田市では武藏岡中が、親子方式で給食をやっています。時程をみると、給食の時間もとっていて、昼休みもあって、授業もやっているんですよね。これと同じような時程にすることは難しいのですか?
保:武藏岡中は生徒の人数も圧倒的に」違いますし、小中一貫校で教室の構造も違います。もう一つ、学校の授業の日程を決めるのは私たちではなく学校が決めることなので、私たちはお願いはしますが、強制力があるわけではありません。学校さんはあくまで独立しているので、お昼が始まる時間や、昼休みの時間に委員会活動や特別活動をしているかどうかなど、各学校で違います。一律にこの時間でと決まっている訳ではありません。
S:わかりました。次に、試食会後のアンケートについて、自由記述欄はどのような内容があったか、また、その公開はどのように行う予定かを教えてください。
保:今最終確認中ですが、やはり「温かいものだとよい」という声や、デザートがあるとよいといった意見が比較的多くみられました。自由記述等を含めたアンケート結果は、現在、最終確認の作業中です。2020年4月下旬*に全体をまとめた結果(自由記述内容含む)を「まちだ子育てサイト」にて公開予定です 。(*注:緊急事態宣言への対応等のため遅れるとの連絡あり)
S:自由記述欄は、同じような内容はまとめるのですか?
保:長いものをそのまま載せるとわかりづらい部分がありますので、似たようなことを言っているものは分類してまとめて集計し、件数表記をします。
S:私は先日、「子ども子育てマスタープラン」のパブリックコメントに意見を送ったんですが、公開された結果では、書いたような内容ではまったくなく、「中学校給食を求める」みたいな一行にまとめられてしまっていたんですね。中学生や表現力が大人より低いと思うので、できるだけまとめずに、子どもの言っていることを、そのまま受け止めてあげてほしいなと、願っています。


デリバリー給食を食べてくれている人の不満解消が最優先。他の方式については考えていない

S:市議会定例会にて、「温かいものの提供、量の調整、クラス前までの配膳、について他市事例を参考にして検討する」という話がありました。デリバリー方式以外の自治体については参考にする予定はありますか? また、文教社会常任委員会や各会派の他自治体視察の報告は、参考にされているのでしょうか?
保:「温かいものが食べたい」という意見に対しては、基本的に私たちは今のデリバリー弁当においてどういうことができるかを、まず都内で調べていきたいなと考えております。各会派さんなどで視察されたということは知っていても、見てきた資料などは直接いただいていないので、何をどうご覧になったのか、把握している状態ではありません。
私たちは、いま提供しているデリバリー給食を食べてくださっている方々がいらっしゃいますので、改善もしなくていいということにはならないと思っています。食べている人たちが不満に思っていることを改善しなければ、新たに食べようという人もなかなか増えていかないのかなと思っていますので、先の話よりも、私たちはもっと手前の時点でまだやらなければならないことが残されていると思っています。
基本的には「今あるものをよくする」ことを考えなければいけないですし、少しでもお金をかけないでできるいい取り組みがあるのだったら、やらないという話ではないと思いますので、できることをしたいな、と。思います。ほかの方式では今は考えておらず、今のなかでできることを考えていきたいと思っています。
今はコロナの影響で外に出ることは難しいですが、例えば伊勢原市や寝屋川市など、デリバリーの中でも最近ではちょっと変わった方法を取り入れているところに行ってみたいと考えます。
S:寝屋川市は、デリバリー方式でも「食缶方式」でのデリバリーに切り替えたわけですけれど、そういった事例も参考にされていく予定ですか?
保:そうですね。寝屋川市では一部食缶方式でやっていると聞いていますので、そういう方法も町田で可能なのかどうか、調べる必要があるかなとは考えています。

親子方式で見積もりを出すことも、実現も難しいと考えている
S:最後に、自校方式の見積もりの明細はどうなっているか。また、センターでも見積もりを出しているなら、明細はあるかを教えてください。
保:あまり細かい見積もりではないのですが、以前市議会でお話させていただいたような根拠はここにお出ししております(画像)。
自校方式の費用は、一番最新の、鶴川第一小学校の給食室改修の工事費のデータで単純に試算したものです。よその自治体さんの情報を得ることが簡単ではなく、古い情報を参考にしても意味がないので、このデータを使いました。また、私たちはデリバリー以外の方式を実施しようというための細かい積算はやっていないので、本当にざっくりした方法で算したものになります。
学校の状況によっては、少し下がる部分はあるかもしれません。逆に世の中人件費が上がっていますので、もうちょっと上がる部分は出てくるかと思います。
S:自校方式とセンター方式の見積もりのみで、親子方式がないのはなぜですか?
保:親子方式は、元の学校給食の施設の状況や土地の状況、施設整備の状況で、全然値段が変わってきてしまうものなので、積算自体が難しいです。また、小学校の給食室もいま、かなり古いうえに、衛生関係の基準は厳しくなっています。児童は減ってきていますが、いっぱいいっぱいな状況で、そこを改修できるのかというと現実的に難しいと考えており、積算自体していないという状況です。
S:親子方式の試算は、町田市としては難しいということですね。デリバリー方式以外の実施方式も検討してほしいと私は考えているのですが、これのネックというか、どこから変えていくのがいいのでしょうか?
保:町田市としてやっている業務なので、町田市全体として、市長以下含めて、今回の予算もそうですけれども、議会にお諮りをして了承をいただいて、運営をしているというものです。ご要望に関しては、こちらに挙げていただいているものをお預かりして、お受け止めをさせていただいたうえで、私たちもできることがないかと協議をさせていただくという風になっております。

現在の給食を改善し、「選択制なのに食べたいと思っている人が食べられない」状況の改善をめざす

S:市議会での保健給食課長様のご答弁で、「お弁当持参への不満はあがっていないので弁当併用外注方式で問題ない」というような話があったんですが、不満を上げられないご家庭のお子さんや、就学援助費を受けていて給食を無料で頼めるお子さんでも3割くらいしか頼んでいない状況があって、きちんとした昼食を食べられていない状況があるのではないかと危惧しています。そういう生徒さんに対して保健給食課さんのほうでは、どのように取り組もうと考えていらっしゃいますか?
保:少しでも給食の利用者が増えて、食べたい方が安心して食べれる状況にしないと、と思っています。選択制でやっている意味においては、頼むのに壁があって頼めないというのはよくないので。こちらもPRも含めてですが、課題に挙げられているような「温かいものの提供・量の調整・クラス前までの配膳」などの要望についても、できる方法がないかを検討したうえで、食べたいと思っている人が少なくとも食べられるようにすることが大事だと思っています。そのうえで、やっぱりお弁当がいいと言ってる人を引きとめるものではないと思ってはいます。
S:小学校がそうですよね。お弁当を持ってきている子がいますよね。40~50人くらい。
保:はい。まず課題としてあがっている部分を、検討や研究を重ねて、改善をしていきたいと。そのうえで、心おきなく頼めるようになれば、就学援助のご家庭もつらい思いをしないで食べられるようになると思います。

このあと「心おきなく頼めるようになる道のりの目安をいつまでと考えているのか」をお尋ねしましたが、残念ながら時間切れとなりました。
お隣の相模原市では、「相模原の学校給食をよくする会」さんと担当課さんとで年に数回このような機会を設けていらっしゃるということなので、私たちも遠くないうちに再度伺いたいと考えます。対応してくださったご担当者の方、お忙しい中ありがとうございました。

中学校によりよい給食とどけ隊@町田

東京都町田市の中学校に、小学校のような全員給食を実現するため、活動しています。 2018年12月の町田市議会に23,168筆の請願署名を提出しましたが、不採択でした。 町田の中学生が、家庭の格差に関係なく、温かくおいしい給食を食べられるよう、これからもがんばります。 メール➡︎machidanokyusyoku★gmail.com(★を@に) Twitter ➡︎@machidakyusyoku

0コメント

  • 1000 / 1000